スロートレーニングでスーパーボディを目指す!

スロートレーニングでスーパーボディを目指す!
スロートレーニングで内臓脂肪を減らし、メタボリックシンドロームを克服したい方の為のスロートレーニング(スロトレ)情報ブログです。
スロートレーニング

3分スロトレダイエット5

以前「3分スロトレダイエット」でご紹介した、谷本道哉先生のメルマガ 「21時の3分ダイエット〜1日3分で理想のカラダに〜」。

4週間のスロートレーニング・メニューが毎日21時に配信されるというメルマガなのですが、いよいよ第18期が2006年10月9日(月)から始まるそうです! 

前回1日目を逃してしまった方も、最初から始めるチャンスですね(^^)

スロートレーニングって結局どういうことをやるの!?と思っていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、3分間のスロトレが手軽にメルマガとリンクされている画像で無料で学べるので、とても便利ですよ。私も重宝しています。

ちなみに、メルマガは、「3分ダイエット」のホームページから購読申し込みできるようです。

血圧高めの人でも出来るスロトレ!5

前回・前々回とで、有酸素運動と無酸素運動の違いが何となくわかっていただけたかと思います。

スロートレーニング(スロトレ)は、自分の体重を利用し、ゆっくりとした動きで行なうトレーニングです。

筋肉をつけるというところは筋トレに通ずるところがありますが、酸素をとりこみながらトレーニングします。

つまり、無酸素運動ではありません。スローな動きのトレーニングですから、当然息を止めてはできませんね(^^)

また、スロートレーニングは、りきまない分、血圧が高めの人でも行なえますし、筋肉や関節を痛めにくいという利点があります。筋トレより楽でありながら、同じように成長ホルモンの分泌を促すことができるトレーニングなのです。


冷房病になる前に【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

毎日暑いですね!
関東甲信越地方より以西の方は、特にそう感じるのではないでしょうか?

盆休み時期ということで、どこかに出かけられる方も多いかと思いますが、中には冷房の効いた部屋でずっと過ごすなんて方もいらっしゃると思います。

冷房の効いた部屋は気持いいですが、冷房による冷えは慢性疲労の原因になることもあるといいますから要注意です。

ぜひ、たまには軽くストレッチをしたり、スロトレなどで体を動かしたりして、血液循環がよくなるように心がけてくださいね!

参考記事: ALL ABOUT
シリーズ「疲労」その1〜 「疲れ」を招く意外な要因って?


準備体操をしよう!【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

短時間でできるスロートレーニングですが、事前のちょっとしたストレッチや簡単なウォーミングアップなどは大切なことの1つです。

以前ご紹介した関連本の中でも準備運動について記載されているものがありますので、そちらをご紹介しますね。

ストレッチ→「お腹を凹ませる1日15分スロートレーニング

ウォーミングアップ→「スロトレ

せっかく短時間でできるスロートレーニングですので、準備運動にそんなに長い時間をかけたくはないところですが、5分以内でできますので、ぜひ実行してみてくださいね!

スロートレーニングでアファメーションをしてみよう!5

スロトレ用のアファメーションを早速つくってみましょう!

アファメーションではポジティブ(肯定的)な言い回しを選ぶ

例えば、「負けないぞ」というよりは「勝つぞ」という表現を採用します。

以前聞いた話なのですが、潜在意識は「〜しない」という表現を認識しないので、否定的表現を使うと「〜しない」の前の語、つまり上の例だと「負け(る)」がインプットされてしまうそうです。こちらの表現の方が得意な人、要注意ですよ(^^) (←自分に言い聞かせています)

アファメーションは過去(完了)形や現在(進行)形にする

「〜になりますように」のような「未来についての願望」でアファメーションを作るよりは、”現在そうである””すでにその状態である”といった表現の方が、潜在意識には強く響くようです。未来形で語ると、まだそれは実現されていないといった部分も潜在意識に取り込んでしまうので、現在(進行)形や過去(完了)形のほうがアファメーションには向いているのです。

但し、過去形でいう表現にはうそっぽく感じられて抵抗ある場合もあるかと思います。そういう場合は、あまり抵抗ない表現から始めてみるのも1つの手です。

アファメーションは短めに作る

短めな方が覚えやすいですし、潜在意識にもインプットされやすいですので、あまり長く作るよりは、適度な長さな宣言文を作りましょう。

どうでしょう?適当なスロトレ用アファメーション、作れましたか?

ちなみに、このブログのタイトル「スロートレーニングでスーパーボディを目指す!」も肯定的な宣言文といえばそうなのですが、「目指す」という言葉だとアファメーションとしては弱いと思います。

もしこのタイトルを利用するならば、「スロートレーニングでスーパーボディになった」「スーパーボディになりつつある」あたりでしょうか。

或いは、「スーパーボディ」もイメージがやや曖昧なので、もっと具体的に「引き締まった体」や「腹部が引き締まった」等に変えた方が効果的かもしれません。

ぜひ自分なりのアファメーションで、スロトレをより効果的していってくださいね!

スロートレーニングでもアファメーションをしてみよう!5

皆さんはアファメーション (Affirmation)という言葉をご存知ですか?

成功哲学の本をお読みになった方やスピリチュアルなことに興味のある方はご存知かもしれません。

「肯定的な宣言文」と説明されることも多いこの言葉、オンライン英語辞書の英辞郎でチェックしてみると、「確認」「断言」「肯定形式の表現」「主張」等の意味がでてきます。

もちろん、1つの単語でも状況により意味は変わってくるわけですが、この場合は「断言」+「肯定形式の表現」→「肯定的に言い切ること」→「肯定的な宣言文」と考えるとわかりやすそうですね。

このアファメーションですが、何かをやろうとするときに行なうと非常に有効といわれています。受験前に「必勝!」と掲げるのも一種のアファメーションです。

アファメーションは何にでも使えますので、スロートレーニングでも、より成果がでやすくなるよう、一緒にアファメーションを作ってみましょう!

では次回は、アファメーションの作り方についてお知らせしますね。

3分スロトレダイエット5

私が購読しているメルマガの中に、「スロトレ」著者のお1人、谷本道哉先生が発行していらっしゃる「21時の3分ダイエット〜1日3分で理想のカラダに〜」があります。

こちらは3分間でできるスロトレを紹介しているメルマガで、手始めにより短い時間から始めたい方や、忙しくて10分間でさえもトレーニングするのはちょっと・・という方でも手軽にスロトレを始めることができます。また、やり方の画像リンクもありますので、文章だけではよくわからないといったこともありません。

27日位のサイクルでプログラムが組まれていて、その間毎日配信されます。
途中からでも始めることができますので、スロトレがどんなものか知りたい方には超オススメです。

「3分ダイエット」のホームページ 

「お腹を凹ませる1日15分スロートレーニング」5

スロートレーニング関連本の三冊目をご紹介します。

お腹を凹ませる1日15分スロートレーニング―腹筋を鍛えて、脂肪を減らす
中村 勝美 小田 真規子
永岡書店 (2004/04)
売り上げランキング: 23,300


こちらは主にぽっこりお腹が気になる30〜40代の男性の為のスロートレーニング本です。
スロトレ」とは対照的で、写真やイラストもすべて中年男性となっています。

トレーニング方法の紹介ページは多めで、実践的。
たった7日間のスロートレーニングで上腹部で6cm以上、下腹部で5cm近く痩せた人が写真付で紹介されています。

「体脂肪を燃焼させるスロートレーニング」5

スロートレーニング関連本の2冊目のご紹介です。



こちらは通勤・通学や旅行に持ち運びな便利な文庫本サイズのスロトレ本です。

一週間のスロートレーニング・メニューが曜日ごとに組まれていますので、どのメニューをやろうかと迷わずとも、本に載っている曜日のメニュー通りに気軽に行なうことができます。

「職場でできるスロートレーニング」や生活スタイルのタイプ別メニューも豊富ですし、体脂肪についての解説や体脂肪を減らす食事についての読み物も充実していますので、小さい本ながら盛り沢山の内容となっています。

「スロトレ」5

スロートレーニングをやろうと決めて購入した三冊の関連本をご紹介したいと思います。

ちなみに、選んだのはすべて”ダンベル等を使わなくてもできる”タイプの本でした。今回はそのうちの一冊をご紹介します。

スロトレ
スロトレ
posted with amazlet on 06.08.03
石井 直方 谷本 道哉
高橋書店 (2004/06)
売り上げランキング: 2,671
おすすめ度の平均: 4.79
5 やせました!
5 これが2週間後の結果です
5 スロトレをやりはじめて


シンプルながら、ピンクや赤をふんだんに使った表紙カバーや帯(上記の写真には帯はついていませんが)は、他のスロートレーニング本の中でひときわ異彩を放っています。

帯の"宣伝文"によれば、「私の脂肪がこんなに燃えやすかったなんて!簡単なスロートレーニングで成長ホルモンを分泌させれば、こんなに効率的に脂肪を燃やせるんです。今までのダイエットはなんだったんだ? ダイエットの決定版、ついに登場!脂肪燃えまくり!」。

こちらの本では、スロートレーニングと「成長ホルモン」との関係について書かれていることと、毎日続けなくてもOKという点が特徴です。

装丁の色だけではなく、イラストや写真がすべて女性であることから女性をターゲットにしている本だとは思いますが、コンパクトにまとめられていて見やすいので男性にもオススメです。

ちなみに、ダンベルを使わないページがメインですが、一部ミニダンベルを使用したページもありますので、色々試してみたい方にとっても、よい一冊だと思います。
Recent Comments
Recent TrackBacks
拒食症とは (拒食 症・過食 症を防ごう!@拒食 症や過食 症にならない安全ダイエットブログ)
ルーシーダットンを学ぶ!☆ルーシーダットンダイエット
管理人が気になるもの
運動だけでなく、肌もケアが必要ですよね☆