スロートレーニングでスーパーボディを目指す!

スロートレーニングでスーパーボディを目指す!
スロートレーニングで内臓脂肪を減らし、メタボリックシンドロームを克服したい方の為のスロートレーニング(スロトレ)情報ブログです。
腹筋を鍛える

3分以内のプチトレ【スロートレーニングでスーパーボディを目指す】5

運動はじめてみたけれど、長続きしなくて・・といった経験はありませんか?

忙しくて毎日クタクタだったり、「なるべく運動はしたくないけれどダイエットしたいから仕方なく・・」という方にとって、1度面倒と感じてしまったら、運動を継続するのはなかなか難しいこともありますよね。

スロトレは短時間でできる運動ですが、10−15分とはいえど、それなりにまとまった時間です。

では、いっそのこと、もっと短い時間でできる簡単なトレーニングからはじめてみたらいかがでしょうか?

前回ご紹介したネット3分間体操よりはもう少し運動らしいもので、同じくらいの時間でできるプチトレについての記事を見つけましたので、こちらでご紹介しますね。

このプチトレは、下腹部をを内側から支えている大腰筋と腹筋、そしてお尻の筋肉も3分かそれ以下で鍛えることができるトレーニングです。

とにかく、気持の負担にならない程度のちょこっとした運動でも、とりあえずやってみることをオススメします!

プチトレのやり方はこちらで紹介されていますよ。
プチトレで鍛えるインナーマッスル

All About [ダイエット]


その他、以前の記事でご紹介した「3分スロトレダイエット」もぜひご参考になさってみてくださいね!

腰痛の場合の腹筋【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

これまで腹筋を鍛えるのに効果的な方法をいくつか書いてきましたが、腰痛をお持ちの方の腹筋運動には注意が必要なようです。

腰痛の治療の際、病院で腹筋運動が効果的である旨説明を受けた方もいらっしゃるかもしれません。

病院でやり方を教えていただけるような場合は大丈夫だと思いますが、「腰痛なので自分も腹筋をやってみよう!」と思う場合には、腰痛にもやさしいタイプの腹筋を選んでやってみてくださいね。

ちなみに、やり方はこちらで紹介されています。

参考:All About 「要注意! 腰痛後の腹筋トレーニング


All About [肩こり・腰痛]
All About [肩こり・腰痛]



笑って腹筋を鍛える!【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

これはエクササイズというわけではないのですが、腹筋にも良いと思うので、「番外編」として、個人的にはとてもオススメしたい方法です。

それは「<よく笑うこと」。全身で笑う。大笑いをする。

笑いすぎて、お腹が痛いといった経験をされた方は結構いらっしゃるかと思います。その時、腹筋が激しく収縮しているため、”お腹が筋肉痛”であるように感じるのです。

楽しい気分で、腹筋を鍛える。日常で大笑いする機会がないのであれば、お笑い番組でも海外のコメディでもよいので、自分が素直に笑えるものを見つけましょう。

笑うことにより免疫力がアップしたり、3分程で約10kcal程のカロリー消費ものぞめるそうです。

ちなみに、顔だけでニッコリするのも、顔の筋肉(表情筋)に効果的です。

つまり、笑うことは、体のいずれかの筋肉を動かしているということですね!

風船で腹筋を鍛える【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

腹筋を鍛えるツールの1つに風船があります。

毎日寝る前、スロートレーニングやご自分で好きな体操の後に、風船に20回くらい息を吹き込むだけでも、お腹の感じが変わってくると思いますよ。

風船はおもちゃ屋やロフトなどのパーティグッズ売り場等で、100個入りで1,000円程で購入できます。

細長い風船が含まれていることがありますので、なるべく顔位の大きさに膨らむ大きさの風船が多くはいっているものがオススメです。

1個あたり何日間か使用可能とは思いますが、衛生面などを考えると、1−2日使用がベストなように思います。特に夏場は1日1個の使用とした方がよいかもしれません。

それでも100個入りを購入すれば3ヶ月はもちますし、使用後はお子さんと一緒に遊ぶこともできますので(勿論ご自分だけでも!)、1日1個を目安に、ぜひ風船で腹筋を鍛えてみてくださいね!



スポーツ吹き矢【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

以前から気になっているスポーツがあります。

それは「吹き矢」。

何年か前にテレビで見てから興味を持つようになりました。
今やカルチャーセンターでも学べるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

スポーツ吹き矢のメリットは、

胸筋、腹筋が鍛えられる
酸素を体の隅々にまで取り入れることができる
腸の働きを活性化させる
集中力をつける
ストレスの解消・・・等

私自身は腹式呼吸&腹筋が鍛えられる点が気にいっています。
酸素を充分取り込むことにより、脳も活性化しそうですね。

下記の協会では、予約制でトレーニングできるようです。

日本スポーツ吹矢協会

姿勢を正すことでお腹の脂肪を減らそう!【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

お腹が出てくると「腹筋を鍛えなければ!」と思うのが常ですよね。

もちろん、腹筋をつけることはお腹の脂肪をとるには大切なのですが、今回は背筋にも目を向けてみたいと思います。

姿勢が悪く、猫背でいるとお腹を緩む格好になりますよね。
そうなると、腹筋、背筋も弱くなり、下腹部に脂肪がつきやすくなります。

逆に姿勢を正すと、腹筋、背筋に自然に適度な緊張があるため、筋肉がつき、お腹の脂肪が取れるそうです。

基礎代謝もアップし、太りにくくなるというメリットもあるそうなので、心当たりのある方は、今日から背筋を伸ばしてみたらいかがでしょうか?


Recent Comments
Recent TrackBacks
拒食症とは (拒食 症・過食 症を防ごう!@拒食 症や過食 症にならない安全ダイエットブログ)
ルーシーダットンを学ぶ!☆ルーシーダットンダイエット
管理人が気になるもの
運動だけでなく、肌もケアが必要ですよね☆