スロートレーニングでスーパーボディを目指す!

スロートレーニングでスーパーボディを目指す!
スロートレーニングで内臓脂肪を減らし、メタボリックシンドロームを克服したい方の為のスロートレーニング(スロトレ)情報ブログです。
食べる

カプサイシンをキムチから摂ろう☆カプサイシン・キムチ・ダイエット5

カプサイシンを利用したダイエットとは?***

皆さんはキムチを、どのくらいの頻度で食べていらっしゃいますか?

私の場合、4年ほど前に行なっていた食事療法系のダイエットの際、ご飯と一緒にキムチをとることをすすめられ、それからキムチを食べるようになりました。

最近は少し"ご無沙汰気味"だったのですが、つい先日から再開。

代謝が昔に比べ落ちているので、以前ほど汗をかかなくなっていたのですが、食べ始めると、ちょっとのことでまた汗が出るようになりました。

何故キムチなんでしょうか?

カプサイシン効果が狙いです。

当時どんどん痩せていったのも、ひとつには、キムチのカプサイシンの貢献があると思っています。

そういえば、一時カプサイシンダイエットなんて言うのも流行りましたね。

カプサイシンは唐辛子に含まれていて、発汗を促す効果のある辛味成分。キムチには唐辛子は欠かせない存在ですから、キムチを食べるとカプサイシンを摂ることになるわけです。

キムチを食べるようになる以前、カプサイシンのサプリメントを摂っていたことがあるのですが、その時は胃の調子が悪くなって続けられませんでした。

キムチの場合はご飯と一緒に食べるので、私の場合、全く問題ナシ。

それでもカプサイシンは刺激が強いので、胃の弱いかたは様子を見ながら摂られた方がいいと思います。

ちなみに同じく辛いワサビやカラシの場合は、カプサイシンではなく、イソチオシアネートという辛味成分。食欲増進効果や血液をサラサラにする効果があるそうですよ。

新どっちの料理ショーで特選素材に選ばれました!2ヶ月で6000セット突破!特選キムチセット・【...

食事回数は減らさない【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

朝バタバタしたり、ダイエットだからといって、朝食を抜いたりしていませんか?

一食抜いて、食事時間があいてしまうと、体の防衛本能が働きます。

そうすると体は、次に口からはいってくる栄養素をすべて吸収しようとします。

つまり、ここで脂肪や甘いものをとれば、体の中にガッシリはいってしまうというわけですね。

習慣的に食事を抜く人は、抜かない人に比べると、男女ともに「食事抜きの人の方がのほうが脂肪が多い」という傾向が見られるそうです。

私の場合、休みの日に起きる時間が遅くなり、ブランチになりそうなときは、1日2食にするよりは、バランス栄養食を軽くとってから、時間をずらしてランチをとるようにしています。

メタボリックシンドロームに杜仲茶!【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

だいぶ前にブームになった杜仲茶、覚えていらっしゃいますか?

TVで放映されたことにより、メタボリックシンドロームに効果があるということで、再び注目を集めているようです。

昔から中国では「不老長寿の生薬」として飲用されていた杜仲茶

血圧や中性脂肪・コレステロール値の上昇を抑えてくれるので、メタボリック症候群(シンドローム)を克服したい人にはオススメです。

ほんのり甘く、まろやかな味わいが特徴です。

杜仲茶についてもっと詳しいことを知りたい方は、こちらのサイトがとても参考になりますよ!    杜仲倶楽部


杜仲茶を飲んでみたい方は・・・
杜仲茶(100%) 3g×20パック お得な5個セット 3日以内発送【らくらく】


りんごで内臓脂肪減少?【スロートレーニングでスーパーボディを目指す!】5

スロートレーニングで内臓脂肪を減らすことをこのブログでは目標としていますが、「何を食べるか」ということもやはり大事ですよね。

数年前から、健康に良いということで話題のポリフェノールですが、チョコレート、ココア、赤ワインなどに含まれているというのは耳にされたことがあるかと思います。

実はリンゴにも含まれているのをご存知でしたか?

ポリフェノールはガンや老化を促進する"活性酸素"を防ぐ「抗酸化作用」がありますが、更にリンゴのポリフェノールには、"筋肉を増やし、内臓脂肪を減少させる"効果があるそうなんです。スロートレーニングと組み合わせると効果的ですね!

りんごはカロリーも少なめなので、「小腹がすいたときにはリンゴを食べましょう」といったアドバイスは昔から見かけましたが、筋肉を増やして内臓脂肪を減少させてくれるということで、食後のデザートとして、もっと取り入れていかれるのはいかがでしょうか?


関連記事:
健康プラスα 「リンゴのポリフェノールで筋力アップ

Recent Comments
Recent TrackBacks
拒食症とは (拒食 症・過食 症を防ごう!@拒食 症や過食 症にならない安全ダイエットブログ)
ルーシーダットンを学ぶ!☆ルーシーダットンダイエット
管理人が気になるもの
運動だけでなく、肌もケアが必要ですよね☆